presented by Kei.Grande @ First In First Out

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービーのある幸せ~第7節 愛媛FC戦~

四国を離れてからかれこれ9年が過ぎたわけですが、
その頃はまだ四国にJリーグチームができるだなんて思ってませんでした。
ダービーなんて夢のまた夢……そう思っていました。

それがもう今回で、Jリーグ昇格後15回目の四国ダービーです。
近くにダービーマッチができる相手があるのはいいですね。
試合を視る意気込みも違います。過去の成績も今の順位も関係なし。
想いはただひとつ。

「愛媛には絶対負けられねぇ!!」

※おそらく長くなるので、つづきは「続きを読む」をクリックしてください
さて出場メンバーです。
期待していた11 津田がまだ復帰できていません。
これで二試合出場なし。そんなにひどい怪我なのでしょうか。
とはいえ、今回は何人か復帰した選手が出ています。
入れ替わった選手は特に怪我をした様子ではないので、
チーム内の競争が進んだものと好意的に考えることにします。

出場メンバーは以下の通り。フォーメーションは4-4-3。

GK : 1 上野
DF :20 ペ・スンジン、 2 三木(Cap)、 5 登尾、25 平島
MF :29 六車、14 濱田、10 島田
FW :13 柿谷、 7 徳重、19 平繁
Sub:23 日野、 3 輪湖、 8 倉貫、
    15 青山、17 麦田、18 羽地、31 佐藤

まずメンバーですが、先述したとおり今年初出場のメンバーが何人かいます。
まずGKでスタメン出場した 1 上野。昨年の守護神。
今年は調整不足により開幕から数試合は23 日野にその座を明け渡していましたが、
正直なところ、23 日野はハイボール処理に難があったので、
上野の復帰はこれまでの失点が多い状況を打破してくれるのではないかと期待しています。

サブ組では17 麦田の復帰。サイドをより攻撃的にするという目論見でしょうか。
前々回の四国ダービーでも出場した記録があり、スーパーサブ的扱いと想われます。
ポジションでは26 おっさん(橋内)との争いになるでしょうか。

という事で結構期待した四国ダービー。
結果はスコアレスドロー。
勝ち点1は頂いてはおきますが、やっぱり勝って欲しかった。

スタッツを見ると、圧倒的に徳島が押していた試合だったようです。
  シュート数:徳島15、愛媛 7
  直接FK数:徳島25、愛媛 9
  間接FK数:徳島 3、愛媛 7
  CK数  :徳島 5、愛媛 1
  オフサイド:徳島 7、愛媛 3

ここで注目したいのはオフサイドとCK数。
昨年までオフサイドは比較的少なめな徳島でしたが、今年は結構多いです。
今日の試合でもオフサイドが多いのは、やはり19 平繁の影響が大きいのでしょう。
19 平繁は縦の突破を得意とするFWなのですが、得点が取れず、
オフサイド数が多かったのは、やはり19 平繁だけだと読まれやすいのかと想います。

その逆にCK数はそこそこあったのですが、
ここはパワーのある大型FWの存在が必要だったと思います。
ここまでの選手起用を見る限りは、31 佐藤にその役割を担わせようとしているようですが、
前々回の四国ダービーで2ゴールをあげている18 羽地という選択肢もあったと思います。
(上記はあくまで自分の妄想です)

そういう意味では11 津田の果たす意味は大きかったように思います。
裏に抜け出るタイプなので、19 平繁のマークを外す役割がありますし、
セットプレーにも強い選手なので、今回の離脱は結構痛いです。
何より、今のチーム戦術にフィットしているみたいですしね。
今のメンバーでは、コンビネーションが確立するまでに結構かかりそうな気が……(汗)。

頼む。なるべく早く、だけど無理せずに帰ってきてくれ(無茶言うな)。

次回はアウェーで、YKKAP・北陸電力アローズ北陸……
もとい、カターレ富山との対戦(オイ)。元「JFLのゲートキーパー」対決です。
開幕から3連敗していましたが、第5節、第6節と調子を上げている侮れないチーム。
選手には気を引き締めて戦って頂きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Kei.グランテ

Author:Kei.グランテ
 
四国代表(何の?)
 
4コマ漫画と徳島ヴォルティスを愛する約一名。
「First In First Out」というサークルで4コマオンリーイベントに出没中。

ひだまり時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。