presented by Kei.Grande @ First In First Out

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三冊がくれた情熱

この前の記事に書いたカターレ富山戦、
壮絶な戦いが繰り広げられていた時、自分は蒲田のPioにいました。

最近、知り合った人の影響で「ストライクウィッチーズ」という作品に
興味を持ち、そのイベントに行ってきました。
まぁ、世間様ではその突拍子もない格好にばかり興味がいってますが、
実は作品を視てみるとこれが意外といい話で、面白い。
登場人物同士の関係がしっかり描かれているなという印象を持ちました。

で、そのイベントに行ってきたのですが、
昔イベントに行った時と視点ががらっと変わっている事に気づきました。
昔は出されている本に目が行っていたのですが、
今は、まず机の上のディスプレイに目が行くようになりました。

最初にサークル参加した時は、白い敷布の上に作品と、
あれこれ書くための無地のレポート用紙だけでした。
その時は確か、持って行ったもののうち三冊ぐらい余りました。
そこそこの人に手にとってもらえて嬉しかったのは確かですが、
残り三冊を手渡せなかったのが、とにかく悔しかったのを覚えています。

どうやったら自分の作品を読んでもらえるんだろう。
そう思ってから明らかに視点が変わりました。

どうやったら人の目を引くのか。
イラストが書けない分、少しでも机の上を賑やかにしたい。
それが某J2チームのユニフォームであり、あの無節操な机の上だったりします。

今度のイベント、ぜひ寄ってみてください。
前回からより無節操に、かつ賑やかなテーブルがお待ちしています。
中国の某遊園地よりも楽しませる自信は、ちょっぴりありますので(大汗)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Kei.グランテ

Author:Kei.グランテ
 
四国代表(何の?)
 
4コマ漫画と徳島ヴォルティスを愛する約一名。
「First In First Out」というサークルで4コマオンリーイベントに出没中。

ひだまり時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。